TV & News

ベッキーが5月13日金スマで復帰!視聴率と謝罪内容に激怒!どうしてベッキー復帰のレールは敷かれたのか

ベッキーが5月13日の金スマで復帰することが正式発表されました。
さらに番組の冒頭では謝罪のVTRを放送。

資料率稼ぎにやっきになっているテレビ局と
稼ぎ頭を失ったサンミュージックの早々の復帰

さらにパナマ文書でスピン・コントロールにやっきになる
政府・電通など日本のテレビ・メディア支配者層の利害関係の思惑も一致したのだろうか?

気になる5月13日金スマの視聴率は?

スポンサーリンク


さて、現在はすでにオワコンと言われていたゲス&ベッキー。

一年後の忘れられた頃に復帰しても大して話題にもならない。
そう踏んだのか、サンミュージックとTBSが早々に仕掛けてきた。

なんと5月に入り噂されてきた
ベッキーの復帰が現実のものとなってしまったのだ。

おそらくサンミュージックもTBS、そしてベッキーも
許してもらおうとか、怒りを収めようなどのは
そもそも思っていないだろう。

とにかく「オワコン」になるまえに
賞味期限が切れる前に、炎上させてでも
ベッキーを復帰させなければいけない事情があったのだ。

むしろオワコン化する前に世間の怒りが収まらない間の復帰。
これがベッキーやサンミュージックにとては1番大きいのだ。

世間が忘れかけて怒りの炎が消えかけたころに
謝罪という燃料をガッツンと投下。
あえて大炎上させることで、爆発的な視聴率を獲得できる。

さらに、さらしものになったベッキーの視聴者への謝罪行脚に
国民は好奇の目で、高視聴率を提供するのだろう。

気になる5月13日の金スマの視聴率を注目してみてみよう。

視聴率っていつわかるの?

ちなみに、視聴率、視聴率とメディアでも取り上げられていますが
本来は「世帯視聴率」のこと。

テレビ局にはリアルタイムで視聴率データが送られてきますが
ビデオリサーチ社が集計して一般に発表するのは翌日の8時以降と言われています。

小さくなっていた怒りをあえて大炎上させる意味とは

さて、この5月13日とう中途半端な時期でのベッキーの復帰。
あえて小さくなっていた世間の怒りに、あえて燃料と投下。

さらに炎上させる、炎上商法を取ろうとしてる
ベッキーとサンミュージックの作戦意図はどこにあるのだろうか?

ベッキー不倫の損害額は6億円

今回のゲス&ベッキーの損害額はCM契約10社全てが打ち切り。

損害金や違約金などで6億もの損害金が発生していと言われています。

さすがに大手といえでも1番の売れっ子タレントを失い
さらに莫大な6億ともそれ以上とも言われる損害を出してる
サンミュージックにとって、やはりベッキーの活躍が会社の生命線なのだろう。

サンミュージックは芸能界でも社員やタレントを
大切にする芸能事務所と言われている。

男性タレントから演歌歌手にお笑いタレントに文化人など多彩な顔ぶれだ。
しかし・・あくまでもベッキーが稼ぎだしていたギャラは高額。

さらに馬車馬のように働きまくってた。
当時のりぴーがスキャンダルで芸能界追放になった時に
ベッキーが救世主のように現れて事務所の窮地を救ったのは有名な話だ。

しかし、今回のゲス&ベッキーの不倫騒動で
そのベッキー本人がスキャンダルを起こして復帰はいつだ?などというネタになってしまた。

だが、サンミュージックの窮地を救ったベッキーが
あえて小さくなっていた世間の視聴者の怒りに
復帰&謝罪とう燃料を投下して大炎上させる意味はやはり
事務所の存続とベッキー本人の禊の意味もあるのだろう。

スポンサーリンク


どうしてこの時期のベッキー復帰なのか?

ある意味で、この時期の復帰には絶対に意味がある。

なぜなら、まずはパナマ文書の存在も少なからず影響してるのではないか?

パナマ文書とは日本で稼いだお金を海外の法人に移すことで
税金逃れをする行為。大手企業は「違法ではないから問題ない」とうスタンスで
押し通すようだが。ベッキーの「友達で押し通す」と似てる。

しかし、とくに日本のメディアはとにかくスポンサーには頭が上がらない。
さらに、政府も企業団体からの政治献金は命綱だ。

パナマ文書で国民の興味と怒りの矛先を少しでも変えたい。

さらに、サンミュージックやベッキー自身も
オワコンになるまえに大炎上させることでしか
生きる道が残っていない。

さらに、人生の浮き沈みを特集する金スマがベストだったのだろう。

金スマスポンサーはどんな企業

さて、金スマのスポンサーはどんな企業があるのかネットで検索しみた。

  • Kao(花王)
  • アイリスオーヤマ、
  • SUBARU、
  • 小林製薬、
  • 第一三共ヘルスケア・・番組内容に医療問題が含まれる場合は提クレ自粛、もしくは提供自粛につきAC JAPANに差し替えの場合あり
  • SUNTORY、
  • SoftBank、
  • ニトリ、
  • DAIHATSU、
  • セブン&アイHLDGS.(セブン-イレブン)、
  • LIXIL、
  • PanaHome、
  • RIZAP+週替1社

日刊スポーツの取材によると各社、静観する構えのようだ。

さらに、スポンサーを降りるなどの話も現段階では上がっていないとう。

炎上覚悟で敷かれたベッキー復帰のレール

いずれにしても、この炎上覚悟の金スマ復帰は
吉とでるだろう。アレだけ大炎上した矢口真里の不倫には
完全に視聴者やファンの怒りが消えた頃に復帰。

なんだか有耶無耶になってモヤモヤが残っている。
怒りの火がいつまでもくすぶっている状態だ。

ベッキーが歩む復帰のレールはあえての燃えカスのカスまで大炎上させて
燃えカスさえ残さないつもりだろう。

やはり、さすがベッキー。根性が座ってる。
金スマのベッキー復帰の視聴率はどれくらいにはねあがるのか注目してみてみよう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 秋山賢太(アキナ)の彼女も心配!サッカーで鍛えた身体も格闘技ロケ…
  2. 西本拳太バドミントンも賭博か?違法カジノに入店。賭博した選手は二…
  3. タクシードライバーの推理日誌39 3月26日のネタバレあらすじや…
  4. 石崎徹が女性問題で週刊新潮に・・・永田町に囁かれる2012年問題…
  5. 熊本地震は予言時間・予知されてた?ネットで話題になった2026年…
  6. 宮本万里子容疑者 管理会社コンシェルジュは渋谷区南平台のセレブだ…
  7. ダウンタウンなう5月13日菅田将暉からの手紙全文に感動の嵐!視聴…
  8. 紺野あさ美「ニコニコ超会議2016」でキレキレダンス!バッシング…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

中西充副知事が元市場長から経歴がヤバイ事になっている・・しかし、そもそもどうして汚い土地への移転なのかがそもそもの問題だ!

中西充は東京都副知事として小池都政を支える1人だ。さらに元市場長として築地移転問題を推進してきた責任…

  • 黛ジュンの作詞家って誰?イタコで分かった https://t.co/JrH0vmCWMU
    about 3週 ago
PAGE TOP