Entertainment

マイケル・ルノー米国の作詞家が加山雄三のゴーストライターだと週刊文春が暴露している

アメリカ人作詞家のマイケル・ルノーが加山雄三のゴーストライターだと週刊文春が疑惑をスクープしている。

もはや、読者の信頼感抜群の週刊文春だけに、信憑性を信じつる方も多いようだ。
マイケル・ルノーが本当に加山雄三のゴーストライターなのだろうか?

両者の言い分は真っ向から対立してる。

スポンサーリンク


アメリカ人作詞家のマイケルルノーとは?

米国人作詞家のマイケルルノー氏が60年代に発表された加山氏の曲11曲について英語作詞の報酬を支払うよう通告する文書を、代理人を通じて加山氏サイドに送った。

実は、マイケル・ルノー氏は加山雄三さんの実の妹の元夫なのだ。

まずは、週刊文春ウェブから大まかな記事の内容を引用しよう。

米国人作詞家のマイケル・ルノー氏が今年5月、60年代に発表された加山氏の曲11曲について英語作詞の報酬を支払うよう通告する文書を、代理人を通じて加山氏サイドに送ったことによる。

“通告書”には「Dedicated(恋は紅いバラ)」「ブーメラン・ベイビー」など加山氏の初期の代表作にくわえて、加山氏が2015年に発表した新曲「I Simple Say」を含む計12曲について、正当な報酬を支払うよう求め、それが為されない場合は、日米両国で裁判を起こす旨が書かれている。

 小誌は取材の過程で、加山氏自身が、ルノー氏の留守番電話に「(「I Simple Say」の作詞について)君はこれまでと同じように僕のゴーストライターでいてくれなければいけないんだ」とメッセージを残した音源を入手した。

13年に結成された「キングオールスターズ」
 加山氏に事実関係の確認を求めたところ、上記11曲について「私が書いたんです。(ルノー氏は英語表現などを)修正してもらう立場。彼がゴーストライターなんて言葉はどこから出たんですかね」と否定した。だが留守番電話で自ら“ゴーストライター”と発言していることについては、「そういう表現をするとわかりやすいかなということと、彼を立ててあげようじゃないかと」と説明した。

 詳細は、9月21日(水)発売の「週刊文春」9月29日号で報じている。

引用:週刊文春 

このスクープの関連記事は、
「週刊文春デジタル」で9月21日午前5時より全文

この記事によると、妹の旦那が外国人だったから英語表現を手直ししてもらった。
ただ、ゴーストライターって言葉はマイケル・ルノー氏がわかりやすく表現したかっただけだという感じだ。

さらに、「彼を立ててあげようじゃないかと」言い放っている。
あくまえも個人的イメージだが、ボッコボコにされて「今日はこの辺で勘弁してやろうか?的な言い方に感じるのは私だけだろうか?

スポンサーリンク


何かとスキャンダルが多い加山雄三とその周辺

今回のアメリカ人作詞家のマイケル・ルノー氏の告発で久々のスキャンダルになった加山雄三氏。

実は今回のゴーストライター騒動よりも「モズライト加山雄三50thアニバーサリー・シグネチャーリミテッドモデル」の盗作騒動や超多額の借金問題などがあった。

「モズライト加山雄三50thアニバーサリー・シグネチャーリミテッドモデル」もこれまたひどい事件だった。

自らの芸能生活50周年を祝うために制作されたギター。
1本55万のギターは見事に完売した。

しかし、問題はココからだった。
本家モズライトギターのから無断コピーであると訴えられてしまった。

ただ、すでのこの時期にはもモズライト・ギターは倒産。
多くの業者がその商標を主張していた。

今で言えばコンバースのオールスターをマネたスニーカーが沢山出ている感じだろうか?

さらに、多額の借金問題や女優の松本めぐみとの電撃結婚なども話題になった。
ないかと、言いがかりが多い気もするが、それもまた大スターの宿命なのだろうか?

加山雄三  本名 池端 直亮
生年月日 1937年4月11日(79歳)
身長 168センチ
血液型 A型
デビュー作『夜の太陽』

著名な家族
上原謙(父)
小桜葉子(母)
池端亮子(妹)
池端信宏(長男)
山下徹大(次男)
梓真悠子(長女)
池端えみ(次女)

果たしてマイケル・ルノー氏の盗作騒動はどのような結末になるのだろうか?

スポンサーリンク


関連記事

  1. 中村紘子 体調不良の病気は大腸がん・・最後まで『音色に新しい輝き…
  2. 岩間沙織がお見合いに!独身ラビリンスからの脱出はなるか?
  3. 青木隆治のグラドルAとキャバ嬢Bって誰?FLASHが画像付きで報…
  4. 蜷川幸雄 「盲導犬」 木村拓哉キャストに隠された真実。なんと巨匠…
  5. 市さよ 京都の花街・先斗町の人気芸妓と中村橋之助の禁断の愛【画像…
  6. 揚江美子がロバート秋山にしか見えないってこれは・・ネタじゃねーか…
  7. 大谷翔平 164キロの動画が凄い!糸井も打ち返すのが凄い!
  8. 白川由美 若い頃の略奪婚の真実・・家政婦はミタでの名演技が光る

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

中西充副知事が元市場長から経歴がヤバイ事になっている・・しかし、そもそもどうして汚い土地への移転なのかがそもそもの問題だ!

中西充は東京都副知事として小池都政を支える1人だ。さらに元市場長として築地移転問題を推進してきた責任…

  • 黛ジュンの作詞家って誰?イタコで分かった https://t.co/JrH0vmCWMU
    about 3週 ago
PAGE TOP