TV & News

九重親方 余命を心配する声と千代の富士の現在の状態はかなり進行していた・・角界以外からも追悼の声が

あまりにも、突然すぎた九重親方の死の一報にファンや関係者は現在、悲しみにくれている。

一部の熱心なファンや角界の関係者からは、昨年の秋から余命を心配する声が上がっていた。

九重親方は現役時代の筋骨たくましく、鍛えげられた肉体を武器に、次々にライバル力士をなぎ倒していった。
力士にして、けして贅肉ではなく、筋肉で作り上げられた肉体で、千代の富士よりも身体の大きく体重の重い力士をなぎ倒していく姿は、美しくそして圧巻だった。

スポンサーリンク


ファンや報道陣からは九重親方の余命を心配する声が上がってた

元・千代の富士として昭和の時代を駆け抜けた名力士がまた1人逝ってしまった。

日本相撲協会理事長を務めていた北の湖敏満氏が、直腸がんによる多臓器不全で、62歳という若さで急逝。
そして、九重親方も激やせし、すい臓がんで手術してからというもの、ファンの間では余命を心配する声が度々あがっていた。

それも、そのはず。
実は、名横綱や名力士は早々にして旅立つのが早いと言われているのだ。

横綱ともなれば、そのストレスは常人には到底計り知れない、相当なプレッサシャーがかかる。
さらに、強靭な肉体を作り上げる為に、激しい稽古で十代の頃から相当な鍛え上げ方をする。

また、身体や筋肉を大きくするために暴飲暴食ともとれる食べ過ぎも問題になるだろう。
現在では、サプリメントやアスリートの体つくりの為の栄養学などが、スポーツ界にも広まっているが、当時は全く皆無だった。

心労とプレッシャーに肉体を酷使した蓄積披露は計り知れない。
スポンサーリンク


九重親方の訃報に現在は様々なところから追悼の声

九重親方は「小さな大横綱」と言われて多くのファンから愛されていた。

鍛え上げられた、美しい肉体と自分よりも身体の大きな力士を見事な技でなぎ倒す姿に多くのファンが魅了されていた。

優勝31回、国民栄誉賞受賞と、数々の記録と記憶の刻まれてきた千代の富士。そして九重親方とて相撲界の発展に尽力してきた九重親方。

本名は秋元貢。1955年(昭30)6月1日、北海道北海道松前郡福島町に生まれたウルフ。
その、功績から交友関係も広く、追悼の声が上がっている。

そして無いよりも、激やせからすい臓がんの手術で、九重親方の余命を心配していたファンからは追悼と悲しみの声が上がっている。

またしても癌でこの世を去った名横綱。

その突然の訃報に悲しみのとショックの声が多数上がってるいる。
スポンサーリンク


関連記事

  1. バレエの増田 慈さんと柴田英里さんの快挙!「ユース・アメリカ・グ…
  2. 植松聖 「アフリカTV」でピースとして動画配信していた。過去の発…
  3. 愛媛県立伊予高校野球部がひったくり犯を逮捕!見事なチームワークに…
  4. 市松模様とは?意味や由来からみる五輪エンブレムの正当性
  5. 植松聖が措置入院した精神科の病院の対応に問題はなかったのか
  6. ウエンツ瑛士誰もが知る超有名な大先輩とは?中居正広の神センス☆塩…
  7. 体操の寺本明日香(中京大)がかわいいと話題に!身長が小さくてもリ…
  8. 五十川敦子の写真や卒アルが先に公表か?妻の高島礼子との接点が浮上…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

中西充副知事が元市場長から経歴がヤバイ事になっている・・しかし、そもそもどうして汚い土地への移転なのかがそもそもの問題だ!

中西充は東京都副知事として小池都政を支える1人だ。さらに元市場長として築地移転問題を推進してきた責任…

  • 黛ジュンの作詞家って誰?イタコで分かった https://t.co/JrH0vmCWMU
    about 3週 ago
PAGE TOP