TV & News

九重親方 余命を心配する声と千代の富士の現在の状態はかなり進行していた・・角界以外からも追悼の声が

あまりにも、突然すぎた九重親方の死の一報にファンや関係者は現在、悲しみにくれている。

一部の熱心なファンや角界の関係者からは、昨年の秋から余命を心配する声が上がっていた。

九重親方は現役時代の筋骨たくましく、鍛えげられた肉体を武器に、次々にライバル力士をなぎ倒していった。
力士にして、けして贅肉ではなく、筋肉で作り上げられた肉体で、千代の富士よりも身体の大きく体重の重い力士をなぎ倒していく姿は、美しくそして圧巻だった。

スポンサーリンク


ファンや報道陣からは九重親方の余命を心配する声が上がってた

元・千代の富士として昭和の時代を駆け抜けた名力士がまた1人逝ってしまった。

日本相撲協会理事長を務めていた北の湖敏満氏が、直腸がんによる多臓器不全で、62歳という若さで急逝。
そして、九重親方も激やせし、すい臓がんで手術してからというもの、ファンの間では余命を心配する声が度々あがっていた。

それも、そのはず。
実は、名横綱や名力士は早々にして旅立つのが早いと言われているのだ。

横綱ともなれば、そのストレスは常人には到底計り知れない、相当なプレッサシャーがかかる。
さらに、強靭な肉体を作り上げる為に、激しい稽古で十代の頃から相当な鍛え上げ方をする。

また、身体や筋肉を大きくするために暴飲暴食ともとれる食べ過ぎも問題になるだろう。
現在では、サプリメントやアスリートの体つくりの為の栄養学などが、スポーツ界にも広まっているが、当時は全く皆無だった。

心労とプレッシャーに肉体を酷使した蓄積披露は計り知れない。
スポンサーリンク


九重親方の訃報に現在は様々なところから追悼の声

九重親方は「小さな大横綱」と言われて多くのファンから愛されていた。

鍛え上げられた、美しい肉体と自分よりも身体の大きな力士を見事な技でなぎ倒す姿に多くのファンが魅了されていた。

優勝31回、国民栄誉賞受賞と、数々の記録と記憶の刻まれてきた千代の富士。そして九重親方とて相撲界の発展に尽力してきた九重親方。

本名は秋元貢。1955年(昭30)6月1日、北海道北海道松前郡福島町に生まれたウルフ。
その、功績から交友関係も広く、追悼の声が上がっている。

そして無いよりも、激やせからすい臓がんの手術で、九重親方の余命を心配していたファンからは追悼と悲しみの声が上がっている。

またしても癌でこの世を去った名横綱。

その突然の訃報に悲しみのとショックの声が多数上がってるいる。
スポンサーリンク


関連記事

  1. 熊本 益城町 避難所 場所住所4月15日
  2. 舛添要一リコール2016で署名の行方は!特別支援学校をDVのよう…
  3. 墨田区の猫カフェ「ねこのて」に業務停止命令に見る日本のペット産業…
  4. 熊本市内 給水所 応急給水活動
  5. 高知東生の最新情報と五十川敦子の勤務先のクラブはあの裁判沙汰のホ…
  6. 岩埼友宏 週刊文春で崇拝していた「あまちゃん女優」への失望・・そ…
  7. 熊本地震は予言時間・予知されてた?ネットで話題になった2026年…
  8. 千代の富士・現、九重親方 激やせ写真がファンの間からは角界よりも…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

森聖仁さんか!愛知の豊田北高校ボート部の可能性も!田中さんはネットではtwitterや2ちゃんで特定済か!

森聖仁さんか!愛知の豊田北高校ボート部の可能性も!ネットではtwitterや2ちゃんで特定済か!…

  • 森聖仁さんか!愛知の豊田北高校ボート部の可能性も!田中さんはネットではtwitterや2ちゃんで特定済か! https://t.co/aHV3wBAqpw
    about 4週 ago
PAGE TOP