未分類

佐々木善三 弁護士・「マムシの善三」が舛添要一が厳しい第三者の目として調査報告へ

速報、舛添都知事が繰り返した『厳しい第三者目』は佐々木善三弁護士が調査報告へ

所属弁護士会は登録年度・登録番号 No.48009事務所名 晴海協和法律事務所
所在地 東京都中央区築地1-13-13 北水ビル第三4階
TEL 03-3524-4800

上記の情報がネットに記載されいる

いわゆるヤメ検弁護士だ。

スポンサーリンク


元東京地検特捜部検事の佐々木善三弁護士は超敏腕弁護士

元東京地検特捜部検事の佐々木善三氏は「マムシの善三」という異名をとる敏腕弁護士だ。

東京地検公安部長、京都地検検事正、最高検検事などを歴任し、2012年に退官。現在は晴海協和法律事務所に所属する弁護士である。

これまでにも第三者委員会を数々経験。

その経歴は完全に権力・企業側にそった調査をしている。

東電事故調
プロ野球の統一球問題の第三者委員会で調査。
さらにトヨタ自動車のジュリー・ハンプ元常務役員による禁止物の密輸容疑事件だ。

これも結果として起訴猶予処分となり、米国に帰国したているが、トヨタ側に強く助言をした人物として知られている。

さらにドリル優子と揶揄された小渕優子議員の証拠隠滅の検証第三者委員会の委員長を務めたのが々木善三弁護士だ。

つまり、権力側のいいなりの結論を出す有能な弁護士とうことだ。
「マムシの善三」という異名をとる敏腕弁護士は、今回も依頼主の期待そった仕事をしたとうことか?

スポンサーリンク


佐々木善三弁護士は一体なにを思うのだろうか

佐々木善三弁護士は記者会見でマスコミとの質疑で、都合の悪い質問になると色をなす。

そして、質問を質問で返す。

あなたは「第三者委員会とうものと理解していない」などなど質問に答えないとうのも、ある意味でさすがといえよう。

さらに「関係者とはどんな人ですか?」とい質問に「関係者は関係者ですよ!」とうい強弁。

弁護士として、権力側につく方が1番儲かるのだろうか?

正直、マスコミの記者があまりにも佐々木善三弁護士迫力と質問をあらぬ方向にぼかされてしまった。

これが良い悪いは別にして完全に佐々木善三弁護士の勝ちだろう。
日本の記者は記者クラブでヌクヌクとしてるから・・・こういった弁護士に切り込む質問する力が養われないのは仕方がないのかもしれない。

スポンサーリンク


関連記事

  1. あぶない刑事にも出演!一色彩子が抱える一億円遺産相続問題 
  2. 大物司会者Xに小倉智昭の名前が急浮上!庄司哲郎逮捕の波紋が広がる…
  3. 日野菜々美さんは「ダイエット・ヴィレッジ」ではイビキと睡魔のトラ…
  4. 児玉誉士夫 一番弟子は息子だった?某大手メディア関連の社長に就任…
  5. 岡村咲のホールインワンはアレルギーに苦しむ方の希望に!
  6. ラオス・ハッティン村に電気が!川の水を使った水力発電
  7. 合田政市は認知症か?画像を出すなの声も・・高齢者事故の問題点と第…
  8. ダレノガレの初恋のスナガワダイチ(砂川大地?)くんてのが。。。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

中西充副知事が元市場長から経歴がヤバイ事になっている・・しかし、そもそもどうして汚い土地への移転なのかがそもそもの問題だ!

中西充は東京都副知事として小池都政を支える1人だ。さらに元市場長として築地移転問題を推進してきた責任…

  • 黛ジュンの作詞家って誰?イタコで分かった https://t.co/JrH0vmCWMU
    about 3週 ago
PAGE TOP