TV & News

千代の富士・現、九重親方 激やせ写真がファンの間からは角界よりも治療をして欲しいという声も

千代の富士・現、九重親方の訃報が報じられてから数時間。
あまりにも、突然の訃報だったが、現役時代からの熱心なファンからは千代の富士・現、九重親方 激やせ写真を比較して相撲界のことよりも治療を優先して欲しいという声が上がっていた。

千代の富士時代自分の肉体よりも、勝利を優先した激しい稽古。
そして、引退後も角界の発展に尽力した九重親方。

大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が31日、東京都内の病院で死去した。61歳の若さだった。
スポンサーリンク


九重親方 激やせ写真でがんの進行を心配する声

あの、鍛え上げられた肉体からは想像の出来ない痩せ方でした。

昨年、すい臓がんの手術を行ってからも、放射線治療を続けてきた。

しかしウルフの愛称と丹精なルックスで相撲界のスターとして活躍していた。

北海道の小さな港町から上京した昭和45年当時の体重は70キロあるかないか程度だった。
ギリギリで新弟子検査をクリア。

その後も、激しいトレーニングによって体重を130キロまで増加。
しかし、けっして重い方ではなかった。

それでもとにかく、筋力トレーニングを重ねた。
脱臼クセのあった肩まわりの筋肉はとんでもないくらいに巨大化していた。

その盛り上がった肩まわりと鍛え上がれた肉体を知っていたファンは余計に激やせした写真をみてとにかく静養して欲しいとねがっていた。

スポンサーリンク


平成26年の理事候補選は病気の影響もあった?

平成26年の理事候補選で落選してからは、表舞台からは以前ほどは姿をみせなくなっていた。

それでも、九重部屋の力士育成には相変わらず力を入れていた。
とくに現役の力士にはとにかく厳しく「稽古がたりない」が常々の口癖だった。

稽古の九重親方が姿を見せると、空気は一変。
少しでもだらしのない姿を見せると、怒鳴り声とともに厳しく叱責する昔ながらの親方だった。

一方で、本場所中は力士にメールでやりとり。
あえて絵文字を入れて、素晴らしい取り組みに足しては「良い相撲だったね」とメリハリと飴と鞭を使い分けて力士を育て上げていた。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ウエンツ瑛士誰もが知る超有名な大先輩とは?中居正広の神センス☆塩…
  2. 高知東生が逮捕された横浜のホテルはどこだ?一緒にいた女性は愛人は…
  3. 葛西りまさんの写真を公開した理由両親の思い・・最高賞撤回で遺族が…
  4. 慶應 主犯Sは韓国人・・実家で母親は「私達の心情も察してください…
  5. ロッキード事件の黒幕は児玉誉士夫?NHKスペシャルネタバレあらす…
  6. 南米コロンビア ドッペルゲンガー?ありえない奇跡にアンビリバボー…
  7. ダウンタウンなう5月13日菅田将暉からの手紙全文に感動の嵐!視聴…
  8. 熊本市内 給水所 応急給水活動

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

AbemaTV亀田興毅の試合がサバーダウンで見れない!同時配信YouTubeでみる方法!502Error: Server Errorで見れない方はこれ!!

AbemaTVが見れない・・散々・・散々引っ張ってやっと試合開始になった瞬間に502サーバーエラーで…

  • AbemaTV亀田興毅の試合がサバーダウンで見れない!同時配信YouTubeでみる方法!502Error: Server Errorで見れない方はこれ!! https://t.co/xfD4RonpRc
    about 2か月 ago
PAGE TOP