TV & News

墨田区の猫カフェ「ねこのて」に業務停止命令に見る日本のペット産業の闇を検証する

墨田区の猫カフェの「ねこのて」が劣悪な環境で営業を続けていたとして動物愛護法にもとづいて30日間の業務停止命令を受けた。

これは、以外にも全国で初の処分だという。

墨田区の猫カフェのねこのてでは30平米の狭い空間になんと62匹の猫がひしめき合っていたとう。

スポンサーリンク


猫カフェだけではないペット産業の問題点

日本は先進国としては異例ともいえるペットショップなるものが堂々と存在している。

さらになんとネット通販でもペットが購入できるのだ。
※個人オークションなど

流石に2013年に動物愛護法が法改正され帰省が入ったもののあまりにも生体販売を顔の見えないネットで行うとうのは理解に苦しむ。

さらに、度々問題になるのが悪質なブリーダーなどの繁殖業者だ。

悪質な繁殖業者に限って子犬などを劣悪な環境で飼育する。
しかも、年体位で流行の犬種は変わる。

ブームが去った犬種はただコストがかかるだけのモノとして扱われる現実がある。

悪質な業者が後を立たない理由は?

墨田区の猫カフェねこのては東京都の指導で処分を受けた。

おそらく、東京都がの指導は評価されるだろ。

しかし悪徳繁殖業者はどうして後を立たないのか?

一応、環境省が定めた資格があり

スポンサーリンク


都道府県知事もしくは政令指定都市の長へ申請し登録されている動物の管理方法や飼育施設の規模や構造の基準を守れることが前提

となってはいる。

しかし、ここで問題なのが初めに登録してしまえばOKなのだ。
いくらでも抜け道がるのが現実。

日本の場合はアニマルポリスがいるわけではないので許可さえあれば、後は野放しの現実がある。
ここに日本のペット産業の闇があるのではないだろか?

ペット後進国の日本

未だに生体販売がホームセンターなどでも、当たり目のように行われている日本。

しかし、悪徳ブリーダーや今回処分を受けた墨田区の猫カフェ 「ねこのて」など
けしてペットにとって日本は「先進国ではない。」

人間の身勝手によって繁殖されたり保健所で処分されたりということが
日常的に起こっている。
信じられない現実が犬や猫が一日に保健所で処分される数。

一日におよそ800匹の犬や猫などの動物が毎日にように処分されているのだ。
1年間で28万頭以上もの犬猫が殺処分されている計算だ。

ペット業界が先頭にたってこの現状をぜひとも打開して、一日でも早く動物にとっての先進国になってほしいものだ。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 西本拳太バドミントンも賭博か?違法カジノに入店。賭博した選手は二…
  2. 公安ゼロ・極秘捜査官ZEROと重信房子の逮捕の裏にある6人の捜査…
  3. 丸山桂里奈が怒り爆発したフロントは誰だ!ネットでは丸山の発言の賛…
  4. 岩埼友宏 週刊文春で崇拝していた「あまちゃん女優」への失望・・そ…
  5. 杉沢真生さんの募金活動に賞賛の声。同時に気をつけたい募金活動のお…
  6. 新次郎ロスが話題に!死因がついに明かされ最期に白岡新次郎死す!あ…
  7. 水谷優子 ナイトスクープの謎と旦那さま西久保瑞穂も悲痛。ミニーち…
  8. 高島礼子は薬をやっているという噂に反論!薬中ではないと信じたい

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

中西充副知事が元市場長から経歴がヤバイ事になっている・・しかし、そもそもどうして汚い土地への移転なのかがそもそもの問題だ!

中西充は東京都副知事として小池都政を支える1人だ。さらに元市場長として築地移転問題を推進してきた責任…

  • 黛ジュンの作詞家って誰?イタコで分かった https://t.co/JrH0vmCWMU
    about 3週 ago
PAGE TOP