Entertainment

宮沢磨由ブログ再開でマスコミの過剰な取材を批判!炎上商法で彼女はどこへ向かうのか?

グラビアタレントの宮沢磨由さんがブログを再開した。

その再開した宮沢磨由さんのブログには
マスコミの過剰な取材への批判だった。

スポンサーリンク


もしかしたら宮沢磨由さんは救世主だたのかも・・

宮崎謙介元議員と育休不倫相手として
一躍有名になた宮沢磨由さん。

しかし、考えてみたら宮沢磨由さんがいなかったら宮崎謙介は未だに
税金で金をもらいながら、
のほほぉ~ん育休しながら不倫を続けていたかもしれない。

安倍総理も彼の育休を支持していたくらいだからだ。

ちなみに、「育児休暇が欲しい!!」
声高らかに宮崎謙介はブログで綴っていた。
安倍総理も支持していたが・・・

正しくは「育児休業」である。

一般の方が間違って育児休暇とうのは特に問題がない。

しかし、国会議員が法や権利を主張する上で
しっかりとした法律用語や言葉を使う義務がある。

いかに、宮崎謙介が馬鹿だったか。不勉強だったかがわかる。

さらに、休暇とう権利は雇用主と雇用される側との間の権利だ。

国会議員は国民が雇用してるわけではない。
したがって、そもそも国会議員が育児休業をという発想が
そもそも、論外とうか理解し難いのだが・・

まあ、アメリカに出向いて先に安保法制成立を議会で約束してから
日本に帰ってきてから、強引に強固採決してしまう安倍総理をみていたら
数の力があれば、なんでもできると思ってしまうのだろうか?

さて、そんな議員を辞職の追い込むきっかけになった
宮沢磨由さんがブログでマスコミの過剰取材を批判している。

個人的には、どうかと思うが
育休不倫男の宮崎謙介を辞職に導いてくれたのだから
一定の評価をしても良いのかもしれない。

スポンサーリンク


炎上商法でどこへ向かうのか

さて、その宮沢磨由さんだがすでに
ゲス&ベッキー、SMAPからの清原と
今年の流れの早い芸能界では
オワコン化しているようにも思う。

加藤紗里が必死に炎上を狙ってがんばっているが
あそこまでやり切ると
何故か少し「がんばれ」って思ってしまうw

必死すぎて可愛げがあるのか?

黙っていれば良い物を
元タレントが絶対に的に回してはいけない
マスコミ批判は得策ではないようの思う。

彼らも数字が取れなかったらすぐに相手にしなくなる。

マスコミの最大の強みは無視して
問題がっても無視することで無いものとすることだ。

果たして、今回の宮沢磨由さんの炎上ブログはどこの向かうのだろうか?

スポンサーリンク


関連記事

  1. アンドリュー・ファンはカナダから世界にバッハの名曲『G線上のアリ…
  2. 山崎晃嗣 日記と遺書から見えてくる闇・・光クラブミステリーの驚愕…
  3. ソナポケ ko-daiの病名や容態は?体調不良で緊急入院!ファン…
  4. オリラジ藤森 新恋人は武道をやっている女の子と剣道観に行く子?P…
  5. 加山雄三の妹・池端亮子の元夫と絶縁された仁美凌に今、ふたたびスポ…
  6. 魔法少女☆りりぽむ活動休止!ストーカーのブログやtwitterが…
  7. 柔道 古賀ひよりは敬愛する父のもとへ中学卒業後に岡山創志学園高へ…
  8. 香取慎吾の引退は2016年は無しも・・来年は事務所を独立して結婚…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

中西充副知事が元市場長から経歴がヤバイ事になっている・・しかし、そもそもどうして汚い土地への移転なのかがそもそもの問題だ!

中西充は東京都副知事として小池都政を支える1人だ。さらに元市場長として築地移転問題を推進してきた責任…

  • 黛ジュンの作詞家って誰?イタコで分かった https://t.co/JrH0vmCWMU
    about 3週 ago
PAGE TOP