TV & News

慶應 主犯Sは韓国人・・実家で母親は「私達の心情も察してください!心情を!」週刊文春が怒りの告発

明日発売の週刊文春が慶応大学の集団事件で主犯格Sの実家を突撃取材した。

今回の事件で主犯格のSの実家を突撃取材している。

週刊文春はこの慶応大学の主犯格Sを徹底取材してる。週刊文春には慶応大学に被害を訴えるも、門前払いどころか主犯の宋からLINEで誹謗中傷さえれて二重三重の心の傷を追っている。

スポンサーリンク


週刊文春によると、宋の・・・いや、主犯格Sは両親ともに韓国人。

宋が小学生のときに日本に移住したようだ。

高校時代は野球部に所属してガタイもかなりよかったようだ。
容姿に関してはお世辞にもモテるとは対局のところにいた。

恐らく、小太りな体格と醜い容姿で女性に対して相当なコンプレックスがあったようだ。

一浪して慶応大学に入学。
酒の強さをかわれて日吉キャンパスの責任者を任されていた。

慶応大学の広告研究会は1992年創立のサークルの草分け的存在として知られいた。

中野美奈子アナや青木裕子アナなどの有名人を多数輩出している。
さらに数年前に大ベストセラーとなったビリギャルのの女性もこの広告研究会のメンバーだとされている。

芸能界との関係をエサに女子をナンパしていたのは今に始まった事ではない。

さらに、余罪の数々も話題になている。

日吉の駅を全裸でダッシュする学生を動画撮影。
当然クレームになったが広告研究会側は「過激なプロモーションビデオをとっていただけ」と釈明

さらに学祭でAKBのメンバーのコンサートでは座席の前方からセクハラ行為をしてファンから大学側に抗議の声が上がっていた。
これに対しても大学側は確認できないの一点張りで、一向に動く気配すらなかった。

大学側は多額の寄付金で電通や経団連に官僚の息子などに文句が言えず、学生の悪事は年々エスカレートしていたようだ。

話をもどして主犯格のSの実家を突撃取材した週刊文春の取材班にこう答えている

実家で暮らすSの家を訪ねると、パジャマ姿で現れたSの母親が韓国語でこう答えた。

「話は聞いているのですが、お話しすることはできないです。ごめんなさい。私たちの心情も理解してください、心情を」

なんとも厚かましい話だ。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 高島礼子は薬をやっているという噂に反論!薬中ではないと信じたい
  2. 秋山賢太(アキナ)の彼女も心配!サッカーで鍛えた身体も格闘技ロケ…
  3. 冨士田清治 逮捕で画像を出せとtwitterやFacebookは…
  4. 愛媛県立伊予高校野球部がひったくり犯を逮捕!見事なチームワークに…
  5. 山田俊男議員が選挙違反どころか暴行傷害で逮捕も!?自民党が内部崩…
  6. 寿がきや食品はブラックなのか?年収やみんしゅうで暴かれたその事実…
  7. 激やせした元千代の富士の九重親方 死因は膵臓がんか 相撲界からま…
  8. 西本拳太バドミントンも賭博か?違法カジノに入店。賭博した選手は二…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

中西充副知事が元市場長から経歴がヤバイ事になっている・・しかし、そもそもどうして汚い土地への移転なのかがそもそもの問題だ!

中西充は東京都副知事として小池都政を支える1人だ。さらに元市場長として築地移転問題を推進してきた責任…

  • 黛ジュンの作詞家って誰?イタコで分かった https://t.co/JrH0vmCWMU
    about 3週 ago
PAGE TOP