TV & News

植松聖が措置入院した精神科の病院の対応に問題はなかったのか

植松聖が措置入院した精神科の病院の対応に問題はなかったのかという意見が噴出している。

確かに、尿検査から大麻の陽性反応が出て、あれだけ明確な他人への危害を議長宛の手紙にしたためていた。

それだけに戦後の日本の犯罪史上例を見ない凶悪な犯行を行った。
これに対して、措置入院した病院の判断や対応に問題はなかったのか疑問の声が上がるのは当然だ。
しかし・・・現状の日本の医療制度や刑法では、これが限界だったのかもしれない。
※かといって検証は必要だ。結果に対する責任は関係した誰かが取らなければならない。

スポンサーリンク


相模原市の指導により強制入院した病院はどこだ

恐らく、相模原市の指導で植松聖は強制的に入院させられた。

確かに、繰り返される暴力と暴言。
それに奇行とも言うべき衆議院議長公邸への手紙など冷静な判断力に疑いすら残る植松聖容疑者。

これに対して。容疑者が強制入院させられた病院はどこだと話題になっている。
さらにネットでは病院の退院の判断に問題がなかったのかを調べることにしている。

しかし、ここで状況を整理しなければならない。

現在、多くの精神科の病とうは常に満室状態。
本人が反省した雰囲気を出せばすぐに退院させて次の患者にベッドを当てなければならない。

今回のケースも、それに当てはまりそうだ。

植松聖の異常な前兆行動。、それでも内容にもよるだろうが、アノ程度の手紙で容疑者を逮捕する法律は全く無い。

結果として時間切れで野放しになっているという現状もある。

世間と隔離するのは、不可能にちかいのだろう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 品田直人さんの事故を無駄にしてはならない盲導犬を連れた方への配慮…
  2. 高知東生の最新情報と五十川敦子の勤務先のクラブはあの裁判沙汰のホ…
  3. ロシアの小型潜水艦 プリズAS-28が網にひっかかり2005年8…
  4. 岡本圭司が奇跡の再起へ!ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン…
  5. 五十川敦子は愛人だった!アスカと同じ愛人とセットでの逮捕に落胆の…
  6. 公安ゼロ・極秘捜査官ZEROと重信房子の逮捕の裏にある6人の捜査…
  7. 岩藤愛さん渡辺玲奈さんらの傷は言えない。。クローズアップ現代で実…
  8. ロッキード事件の黒幕は児玉誉士夫?NHKスペシャルネタバレあらす…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

AbemaTV亀田興毅の試合がサバーダウンで見れない!同時配信YouTubeでみる方法!502Error: Server Errorで見れない方はこれ!!

AbemaTVが見れない・・散々・・散々引っ張ってやっと試合開始になった瞬間に502サーバーエラーで…

  • AbemaTV亀田興毅の試合がサバーダウンで見れない!同時配信YouTubeでみる方法!502Error: Server Errorで見れない方はこれ!! https://t.co/xfD4RonpRc
    about 7か月 ago
PAGE TOP