TV & News

生前退位の意向へ・・天皇陛下 内外ににお気持ち表明検討へ・・

NHKのニュースで天皇陛下が生前退位の意向 内外ににお気持ち表明検討へ・・

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることNHKが報じた。
スポンサーリンク


天皇陛下は現在は82歳。

ご高齢にも関わらず、憲法に規定された国事行為をはじめ数多くの公務を続けられている。

心身のご負担を垣間見れ公務の削減などのも検討されていた

これは「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」との考えが根底にあると報じている。

ただ、皇室制度を定めた「皇室典範」に天皇の退位の規定はないとされている。

天皇陛下のご意向は、皇室典範の改正なども含めた国民的な議論につながっていくものとみられている。
日本は憲法改正への期待が高まるなかで、天皇陛下ご自身が
「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」
とのお考えであることは、非常に重要だ、

安倍晋三という似非保守が、いたずらに日本の立憲主義を踏みにじり、姑息な手段で憲法を崩壊させてる中で、陛下が最後の砦として国民の無知無関心への警鐘を鳴らしているうように感じる。

日本人の真の保守が空洞化して、親米保守やネトウヨという謎の思想を作り出す中で、日本の先進国としての立憲主義を守りぬき、正々堂々と憲法改正への国民的議論につながっていくのであろうか?
皇位継承問題について女系天皇誕生への流れになるのかも注目だ。いずれにしても、
天皇陛下の憲法を大切にし尊重するお気持ちをしっかりと我々は受け取らなければならない。

憲法改正は正々堂々と国民的な議論の流れを作る。結果として、自ら身を引くことで日本の安倍晋三政権の暴走を止めようとしておられるかのように思う。

同時に、日本の象徴として東日本大震災と福島第一原発事故にのときに国民に向けた温かく勇気を貰えるお言葉の数々。
日本の危機に対して、あの影響力はさすがの一言だった。

同時にお体がお元気でである間は、どうか陛下がその地位にいて欲しいと心から思ってしまうのは身勝手だろうか。
最後は陛下の決断を静かに受け入れる心の準備をしておく時期にきたのかもしれない。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 丸山桂里奈が怒り爆発したフロントは誰だ!ネットでは丸山の発言の賛…
  2. 福山雅治 コンシェルジュの名前・氏名が報道されないのは何故?住居…
  3. 高杉俊介悪人として土下座へ!爆報ザ・フライデーで借金5000万の…
  4. 宮野木交番の助川智英巡査部長もお手柄!マニュアルでしか動けない人…
  5. 宮本万里子容疑者 管理会社コンシェルジュは渋谷区南平台のセレブだ…
  6. 品田直人さんの事故を無駄にしてはならない盲導犬を連れた方への配慮…
  7. 小見祐貴が高樹沙耶と逮捕・・海外放浪の末たどり着いた石垣島で大麻…
  8. 慶應ミスコン加害者主犯格の名前は宋という韓国人報道に差別や偏見を…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

中西充副知事が元市場長から経歴がヤバイ事になっている・・しかし、そもそもどうして汚い土地への移転なのかがそもそもの問題だ!

中西充は東京都副知事として小池都政を支える1人だ。さらに元市場長として築地移転問題を推進してきた責任…

  • 黛ジュンの作詞家って誰?イタコで分かった https://t.co/JrH0vmCWMU
    about 3週 ago
PAGE TOP