TV & News

若宮啓文 反日とスキャンダルに翻弄されながらも日本を左から見続けてきた重鎮

元朝日新聞主筆の若宮啓文さん。その訃報が突然もたらされた。

若宮啓文さんといえば安倍晋三批判の急先鋒として、また時として半日、スキャンダルなどの様々な言われ方をしていた。

しかし、訃報に際して、あえて死者にムチを打たない日本人として、しっかりと功績をみよう。

スポンサーリンク


スキャンダルも噂はされていた

若宮啓文さんは日本の左翼言論の
急先鋒として右翼の優秀な論客櫻井氏などと
激しい論戦を繰り広げてきた。

その中で若干だがスキャンダルに対して
ワキが甘かったのは人柄の良さからだろか。

2008年2月に当時、朝日新聞の論説主観だった彼が論説主幹だった彼が
中国出張に女性秘書の加藤洋子(仮名)を個人的に同行させ
しかも会社の経費を使ってビジネスクラスに乗せ、高級ホテルに宿泊していたのです。
後日、社の内部監査室による調査で不正が発覚したのですが、彼はこれを認め、全額を会社に返済しました。
金額は数十万に上ると言われています

このように若干のスキャンダラスな
一面も時として問題視されていた。

さらに、当時の朝日といえば反日とうレッテルをはられていた。
確かに、韓国との慰安婦問題では
朝日新聞は吉田清治氏の妄想小説を真に受けて
訳の分からない妄言記事を書いて
日韓関係悪化の悪玉として猛威をふるっていたという意見もある。
※あくまでも意見の一つです。今は素晴らしい新聞です。たぶん。

さらにまったく問題になっていなかった靖国問題を
わざわざ中国まで出向いて火をつけて回っていたとうイメージだ。

しかし、若林氏が無くなった今、本当に彼は反日だったのか。

安倍晋三批判を得意として晩年は活動していたイメージだが
その安倍晋三はネトウヨを味方につけているが実は韓国が大好きなのは有名だ。

ネトウヨを味方につけながら韓国には甘い汁をすわせる。
若宮啓文さんが批判を続けて反日といわれながらも批判しあっていたお互いが
実はふたりとも大変な親韓派というのは実に面白い。

スポンサーリンク


左から日本をみつづけてきた

いずれいしても左も右も仏になったら日本は関係ない。

死者にムチを打たないのが本来の日本人なのだ。
左翼でも仏になれば相手にしっかりと敬意を表して冥福を祈るのが日本人。

ネトウヨは2ちゃんねるで大暴れしてるが
本来の日本人であれば黙って追悼の意を表すのが保守だ。

ある意味でブレることなく左側から日本という国を見守ってきた
若宮啓文とうジャーナリストの功績を静かに振り返りながら
ご冥福を祈りたいと思う。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 石崎徹が女性問題で週刊新潮に・・・永田町に囁かれる2012年問題…
  2. バレエの増田 慈さんと柴田英里さんの快挙!「ユース・アメリカ・グ…
  3. 公安ゼロ・極秘捜査官ZEROと重信房子の逮捕の裏にある6人の捜査…
  4. 市松模様とは?意味や由来からみる五輪エンブレムの正当性
  5. 寺田理恵子 夫の急死と娘・藍沢ゆりえとの確執をTVで初告白
  6. 五十川敦子の写真や卒アルが先に公表か?妻の高島礼子との接点が浮上…
  7. マザー・強行犯係の女~傍聞き~ ネタバレあらすじと犯人とは?南果…
  8. 冨田真由 ストーカー被害を警察に相談するも職務怠慢でただちに危害…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

AbemaTV亀田興毅の試合がサバーダウンで見れない!同時配信YouTubeでみる方法!502Error: Server Errorで見れない方はこれ!!

AbemaTVが見れない・・散々・・散々引っ張ってやっと試合開始になった瞬間に502サーバーエラーで…

  • AbemaTV亀田興毅の試合がサバーダウンで見れない!同時配信YouTubeでみる方法!502Error: Server Errorで見れない方はこれ!! https://t.co/xfD4RonpRc
    about 4か月 ago
PAGE TOP