Entertainment

青木隆治のグラドルAとキャバ嬢Bって誰?FLASHが画像付きで報じるも誰だよの声が多数

青木隆治さんの二股交際を今日発売の週刊誌FLASHが画像付きで報じている。
そして、ネットではすでにグラドルAとキャバ嬢Bって誰だよ!とう声が多数上がっている。

正直、高知東生容疑者のシャブ不倫と比べたら、青木隆治さんの場合は結婚しているわけではない。
彼女が多少かぶることなんて、近年の芸能人のスキャンダルの中ではもう慣れっこになってきてる。

しかし、そんな事では良くない。ある程度のスキャンダルは華やかな芸能界の一部として理解できるが
やはり、基本的には小さな子どもからお年寄りまでが憧れて尊敬されるような人の集まりであって欲しい。

芸能人は芸で勝負してほしいものだ。

実際に青木隆治さも、その伸びやかな歌声と豊かな歌唱力でお茶の間のファンが大勢いたはずだ。
やはり、最低限のモラルや倫理観は持ちあわせるべきだろう。

まずは、FLASHが報じた内容を簡単にまとめてみる。

スポンサーリンク


青木隆治がグラドルAとキャバ嬢Bと二股交際の流れ

青木隆治さんとグラドルAさんは2014年3月~2015年10月の期間で交際していた。
青木隆治さんとキャバ嬢Bさんは2015年2月~2016年5月の三ヶ月間

ちなみに、青木隆治さんは、なんと驚くべきことに交際そのものを否定している。

「お二人と仲良くさせていただいていたのは事実」と親しい関係だったことは認めたが、交際は「それはない。傷ついているなら申し訳ないと思う」と否定したという。

もうここまでくると何が本当なのかよくわからなくなってくるのだが。

ただ、実際にAさんの証言にかんしてはかなり青木隆治さんに振り回されていた話はかなり本物風の証言だった。

都内に住んでいたグラドルAさんはいきなり深夜にタクシーで呼び出されて朝まで飲みにさそわれたりする割には、なんと一年以上に及ぶ交際期間の中で彼の家に招待されることはなかったとのこと。

確かに本人はタレントとして女性関係にナーバスになるのもわからなくは無いのですが。
恐らく本命の彼女がいて、グラドルAさんは二番手的な感じなのは明白のような気がしますが・・

スポンサーリンク



そんな彼女も流石に、それを疑ったのか青木隆治さんに問い詰めるも「マスコミ対策」で片付けられてしまう。

さらに、その間にも飲食店勤務のキャバ嬢Bさんと出会い交際に発展するも三ヶ月で自然消滅することになる。

しかし、Aさんととのデートの約束をキャンセルして必死にBさんをデートに誘っているやりとりまでFLASHには残っている。

そしてその後AさんとBさんが偶然にも知り合いになり、お互いの元カレを話す中で青木隆治さんの二股交際が発覚したながれになっているのだが・・・

なんだか、話が出来過ぎているような気もする。実際に青木隆治さんは遊んでいたのだろうけど。
その後に二人が知り合いで、元カレの女子トークの中でってのも出来過ぎてるなあと。

なんだが、前もって事務所がリークしたスキャンダルで上手くあとづけしたストーリーがあるからAさんとBさんと名前を伏せているいのではないかと勘ぐってしまう。
とくにグラドルなんて売名の一番いい機会なはず。

なんだかきな臭いスキャンダルではある。
てか。。。グラドルAとキャバ嬢Bって結局誰やねん!!

スポンサーリンク


関連記事

  1. マイケル・ルノー米国の作詞家が加山雄三のゴーストライターだと週刊…
  2. 香取慎吾の引退は2016年は無しも・・来年は事務所を独立して結婚…
  3. 消臭力 ミゲル 現在がイケメン過ぎて話題に!音楽活動に本腰をいれ…
  4. 八十八やの上野俊彦 逮捕で麻のイメージダウンは必死か?難しい線引…
  5. 全日空857便 函館ハイジャック事件の強行突入がアンビリバボー!…
  6. 石崎徹が女性問題で週刊新潮に・・・永田町に囁かれる2012年問題…
  7. ジョアンナ・ミルン(ジョアン・ミルン)!40歳で初めて聴覚 イギ…
  8. 津川雅彦の娘真由子を誘拐した犯人の名前がついに公表されていたのか…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

AbemaTV亀田興毅の試合がサバーダウンで見れない!同時配信YouTubeでみる方法!502Error: Server Errorで見れない方はこれ!!

AbemaTVが見れない・・散々・・散々引っ張ってやっと試合開始になった瞬間に502サーバーエラーで…

  • AbemaTV亀田興毅の試合がサバーダウンで見れない!同時配信YouTubeでみる方法!502Error: Server Errorで見れない方はこれ!! https://t.co/xfD4RonpRc
    about 3か月 ago
PAGE TOP