Entertainment

青木隆治のグラドルAとキャバ嬢Bって誰?FLASHが画像付きで報じるも誰だよの声が多数

青木隆治さんの二股交際を今日発売の週刊誌FLASHが画像付きで報じている。
そして、ネットではすでにグラドルAとキャバ嬢Bって誰だよ!とう声が多数上がっている。

正直、高知東生容疑者のシャブ不倫と比べたら、青木隆治さんの場合は結婚しているわけではない。
彼女が多少かぶることなんて、近年の芸能人のスキャンダルの中ではもう慣れっこになってきてる。

しかし、そんな事では良くない。ある程度のスキャンダルは華やかな芸能界の一部として理解できるが
やはり、基本的には小さな子どもからお年寄りまでが憧れて尊敬されるような人の集まりであって欲しい。

芸能人は芸で勝負してほしいものだ。

実際に青木隆治さも、その伸びやかな歌声と豊かな歌唱力でお茶の間のファンが大勢いたはずだ。
やはり、最低限のモラルや倫理観は持ちあわせるべきだろう。

まずは、FLASHが報じた内容を簡単にまとめてみる。

スポンサーリンク


青木隆治がグラドルAとキャバ嬢Bと二股交際の流れ

青木隆治さんとグラドルAさんは2014年3月~2015年10月の期間で交際していた。
青木隆治さんとキャバ嬢Bさんは2015年2月~2016年5月の三ヶ月間

ちなみに、青木隆治さんは、なんと驚くべきことに交際そのものを否定している。

「お二人と仲良くさせていただいていたのは事実」と親しい関係だったことは認めたが、交際は「それはない。傷ついているなら申し訳ないと思う」と否定したという。

もうここまでくると何が本当なのかよくわからなくなってくるのだが。

ただ、実際にAさんの証言にかんしてはかなり青木隆治さんに振り回されていた話はかなり本物風の証言だった。

都内に住んでいたグラドルAさんはいきなり深夜にタクシーで呼び出されて朝まで飲みにさそわれたりする割には、なんと一年以上に及ぶ交際期間の中で彼の家に招待されることはなかったとのこと。

確かに本人はタレントとして女性関係にナーバスになるのもわからなくは無いのですが。
恐らく本命の彼女がいて、グラドルAさんは二番手的な感じなのは明白のような気がしますが・・

スポンサーリンク



そんな彼女も流石に、それを疑ったのか青木隆治さんに問い詰めるも「マスコミ対策」で片付けられてしまう。

さらに、その間にも飲食店勤務のキャバ嬢Bさんと出会い交際に発展するも三ヶ月で自然消滅することになる。

しかし、Aさんととのデートの約束をキャンセルして必死にBさんをデートに誘っているやりとりまでFLASHには残っている。

そしてその後AさんとBさんが偶然にも知り合いになり、お互いの元カレを話す中で青木隆治さんの二股交際が発覚したながれになっているのだが・・・

なんだか、話が出来過ぎているような気もする。実際に青木隆治さんは遊んでいたのだろうけど。
その後に二人が知り合いで、元カレの女子トークの中でってのも出来過ぎてるなあと。

なんだが、前もって事務所がリークしたスキャンダルで上手くあとづけしたストーリーがあるからAさんとBさんと名前を伏せているいのではないかと勘ぐってしまう。
とくにグラドルなんて売名の一番いい機会なはず。

なんだかきな臭いスキャンダルではある。
てか。。。グラドルAとキャバ嬢Bって結局誰やねん!!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 松尾美来と串田美穂さん香川県警の新米白バイ隊員がかわいいと話題に…
  2. オネエのぺえ、仙台大学⇒原宿⇒踊るさんま御殿へ・・マツコ会議で話…
  3. 宮沢磨由ブログ再開でマスコミの過剰な取材を批判!炎上商法で彼女は…
  4. 歌手のプリンスさん死因はインフルエンザか?日本からも追悼の声が多…
  5. ベサニーハミルトン 現在は親友アラナ・ブランチャードとサメになん…
  6. 慶應広告研究会の代表の名前を宋を報じたMrサンデーは故意か過失か…
  7. 藤井流星の週刊文春に井深克彦くんが濡れ衣を着せられる事案が発生!…
  8. どうして豊洲移転が問題なの?女子が知って置くべき問題点とは整理し…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

中西充副知事が元市場長から経歴がヤバイ事になっている・・しかし、そもそもどうして汚い土地への移転なのかがそもそもの問題だ!

中西充は東京都副知事として小池都政を支える1人だ。さらに元市場長として築地移転問題を推進してきた責任…

  • 黛ジュンの作詞家って誰?イタコで分かった https://t.co/JrH0vmCWMU
    about 3週 ago
PAGE TOP