未分類

合田政市は認知症か?画像を出すなの声も・・高齢者事故の問題点と第二の合田政市を出さない為に必要な事とは?

横浜市港南区大久保1丁目の市道で28日午前8時5分ごろの事故で神奈川県警は同日、軽トラックを運転していた無職の合田政市(ごうだまさいち)容疑者(87)=同市磯子区洋光台6丁目=を、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで逮捕し、発表した。

合田政市が逮捕されたが、なんと合田政市は87歳。
高齢者運転といっても流石に、この年齢での運転はあまりにも危険過ぎる。

この事故はあまりにも多くの現代社会の問題を浮き彫りにしている。
20161030-2
10/30更に、ココから追記

日本テレビ系(NNN) 10/30(日) 12:25配信
運転手の87歳の男の供述が二転三転することなどから、警察が認知症の検査をする方針を固めたことがわかった。

合田容疑者は、「なぜ現場を走っていたかわからない」と話している。また、事故の前日に家を出て都内や神奈川県内を夜通し走っていたとみられるが、事故現場に来るまでの経路を「覚えている」と話すものの、実際には説明できないという。さらに、事故直後「ブレーキが利かなかった」と話していたということだが、現場にブレーキ跡はなかった。供述が二転三転することなどから、警察は認知症の検査をする方針を固めた。

どんな理由があろうとも、起こしてしまった事件に責任は問われるべきだと思う。

しかし、高齢者の免許返上やそれにともなう交通整備などのを真剣に整えていかなければ第二、第三の被害者が出てしまわないだろうか?
川淵三郎も森喜朗も、自分の私利私欲を肥やすために箱物事業に尽力しないで、高齢者時代に突入している今、有意義な税金の使い方をして欲しいものだ。

人口が目に見えて減っていく中で、子供の未来を守るための税金の使用ならだれも文句は言わないだろう。

201161030-1
スポンサーリンク



ココから追記

新しい情報が入ってきた。

<横浜・小1死亡>逮捕の87歳、前日から夜通し運転か
自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕された無職、合田政市(ごうだ・まさいち)容疑者(87)が、事故前日の27日深夜から事故直前の28日未明にかけて、軽トラックを運転し続けていた疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かった。長時間運転の後に事故を起こした可能性があり、神奈川県警港南署は、事故に至る経緯や容疑者の健康状態を調べている。

引用:毎日新聞 10/29(土) 13:30配信

捜査関係者の話によると、合田政市は「ゴミを捨てに行ってくる」と27日朝に横浜市磯子区洋光台6丁目の自宅を1人で出て、軽トラックで県内外を走行していた。

事故を起こすまでの間、自宅には戻っておらず、夜間も軽トラックで移動していたという。
逮捕前の聴取では「どうやって事故現場まで行ったのか、よく覚えていない」と話している。
87歳という年齢からも、多少の反発はあれど細かい路地などが多い都市部などの高齢者の免許返納を真剣に論議するべきだ。

三年前の2013年11月に認知症の検査を受けて異常がなかったとされている合田政市だが。。走行の目的やゴミを捨てに行くとうい行動。さらに目的地など完全に行動に問題があるのは明白だ。

合田政市はなぜ運転しなければならなかったのか?

逮捕された合田政市はどうして軽トラックを運転せざるを得なかったのか?

現場では事故を起こした当初、呆然として車の中から出てこれなかったという。
現場の防犯カメラからは40㌔以上のスピードで目の前の軽乗用車に突っ込んでいった。

明らかにまともな意識があったとは思えない。

合田政市が猛スピードで走り抜けた路地は地元でも道幅が狭く交通量の多い通学路で地元の方は口を揃えて「以前から危ないと思っていた」と話している。
現場は幅6メートルほどの一方通行で、歩道が白線で区切られているものの、縁石やガードレールはなかった。

実は、地元の住民からも、この路地に歩行者が安全なように歩道を設けて欲しいと要望が出ていた。

しかし、市は道幅があまりにも狭すぎて歩道スペースが設けられないとして、歩道スペースを緑色にして目立たせるという措置をとっていた。

そてでも起きてしまった傷ましい事故。合田政市を逮捕でも被害にあった方々の悲しみはどうしようもない。

ネットではあまりにも傷ましい事故に画像を出すな!画像は見たくないの声すら上がっている。


https://twitter.com/AquaSwallowTail/status/792031304103501824


スポンサーリンク


高齢者の運転問題点は第二の合田政市を出さない為に・・

実は、日本の交通事故死者数は年々減少傾向にある。

しかし、65歳以上の高齢者に限ると年々増加しているのだ。
これは被害者だけでなく加害者も同様だ。

特に、自動車事故の加害者となるケースが増えており、認知症を患った高齢者ドライバーの事故が増えている。
これは欧米とくらべてもかなりの数となっている。

日本でもどうにかして、対応しようと先進国で唯一、70歳以上に対して免許更新時に一律に高齢者講習を導入し、さらに75歳以上には認知機能検査と視野検査を行うなど、高齢者の方々に運転能力の低下を自覚してもらおうと努めている。

世間の流れとして、高齢者ドライバーの傷ましい事故が起こるたびに「高齢者から運転免許を返上させるべきだ」との声が上がる。

それに対して、高齢者は病院や買い物など貴重な移動手段が奪われてしまうために比例して反発の声がでるのも事実だ。

都市部は別としても地方は過疎化によってバスや電車などの交通網はかなりきびしい経営状態にある。あまりにも高齢者にとっては厳しい環境にあるのだ。
実は、欧州諸国では、高齢者が自ら危険と判断して自動車免許の自主的な返納が進んでいる。

これは先ほど上げた地方の交通網整備などの問題点が解消しているという事情がある。

確かに日本では60歳で自ら危険と判断して免許証を返納する方もいれば80歳でも運転しているものもいる。

あまりにも個人差が激しいために一律での法律規制は日本では難しいのも事実だ。
しかし、繰り返される合田政市のような傷ましい事故を見るたびに、これ以上何処かで線引をしなければならないと思うのは私だけだろうか?

スポンサーリンク


関連記事

  1. 牛込惟浩 死去 名スカウトの名を欲しいままにした日本球界の宝
  2. 三浦雄介刑事 広島中央警察EXILE風のイケメンなのかはちょっと…
  3. あぶない刑事にも出演!一色彩子が抱える一億円遺産相続問題 
  4. エリック・ヤン・ハヌッセン 独裁者を作った男
  5. 江宏傑が世界ランキング最高は47位!台湾卓球界の新生が放つオーラ…
  6. 角盈男を救ったがん治療トモセラピーのある病院と治療費は?最先端の…
  7. 秋本治 年収と自宅がすごい!こち亀で築き上げた伝説の漫画家はその…
  8. 犬に蒲焼きを食わす

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

小林潔 麻取 暴力団T組ってどこ?

小林潔の麻取捜査官が潜入した暴力団T組ってどこ?だろう。。しかもポールマッカートニーを逮…

  • 小林潔 麻取 暴力団T組ってどこ? https://t.co/D9LaWrKBSa
    about 7日 ago
PAGE TOP