未分類

TBS 熊本地震の避難所で放送事故6月21日の動画が話題に!マスコミの報道姿勢に疑問の声が噴出

TBS 熊本地震の避難所で放送事故6月21日の動画が話題になっている。

ことの発端はTBSが生放送で取材中に避難してる方が
「邪魔だ!どっかいけコラ!邪魔!」 とすごい剣幕で怒鳴りこみ

カメラは慌ててスタジオに戻る。

震災のたびに問題になるマスコミの報道姿勢。
ここでは相反する擁護の声と非難の声の両方をまとめてみる。

スポンサーリンク


マスコミが報道してくれるから全国から支援があるから感謝しろとう意見

まず、目についたのが「マスコミがセンセーショナルな画を撮ってくれるから全国から支援があつまるんだろ」とう意見。

たしかに、これは一理はある。
災害の時に避難所の固い床で寝ている老人をみて採用されたダンボールベッドなはそのいい一例かもしれない。

この手の動画や画像は一部を切り取って編集して音楽をかぶせて放送なんてしようものならどんなハリウッド映画よりもセンセーショナルな画になる。

さらにこんな意見もある。
「現場の声を届けるのが使命。」

まあ・・・確かに、ある意味で今回の放送事故は
現場の声をリアルに伝えたのは確かだ。

それに、ネットの情報がいくら早いといっても、
多くの一般家庭はテレビが1番の情報源なのは間違いない。

故に、未だに国民に対しての影響力は計り知れない。
テレビ局の放送内容によって右にも左にも誘導されてしまうチカラは未だに誇示している。

TwitterやFacebookなど、個人が自由に発信する時代が来ても
日本ではテレビ局の存在感と影響力はすごいものがある。

それだけに、私達は大手メディアに期待するしかないのか?

スポンサーリンク


マスコミは報道ではなくただの営利企業

記者クラブが未だに当たり前のように存在して
報道の自由度ランキングが中国より下という現実。

大手メディアの報道とうものは、もう日本には存在しないのかもしれない。
あるのは、ただ政府が発表した事を右から左に垂れ流すだけ。

今回の災害も視聴率を取る為に被災者を見せものにしてるだけ。

電通や博報堂と政府の手先のダダの営利企業。
もはや、報道などとう名前がついたコンテンツを見せられているだけ。

それに期待しているほうがおかしい。

などの辛辣な意見も見られる。

いずれにしても、どこかの地方放送局の弁当問題、ガソリン割り込み。
被災者に対して感情をさかなでするインタビューなど、大手メディアの劣化が激しいことだけは確かなようだ。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 毬谷友子 ペットシッターAさんって誰なんだろう?
  2. ダービー原 まじうけるww
  3. 佐々木善三 弁護士・「マムシの善三」が舛添要一が厳しい第三者の目…
  4. ヘルズ メンバーの中で女性ベースの素顔がまさかこの人だったとは・…
  5. 舛添知事 ホテル面談相手は誰!議会にも名前を明らかに出来ない理由…
  6. 井川翔君の光アレルギーとは?症状は頭痛やくしゃみなどだが、軽症が…
  7. 庄司薫 現在まで日本の文学を礎を築いた芥川賞作家・・もう一度筆を…
  8. 木嶋佳苗 被害者や夫へのテクニックが凄い

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

森聖仁さんか!愛知の豊田北高校ボート部の可能性も!田中さんはネットではtwitterや2ちゃんで特定済か!

森聖仁さんか!愛知の豊田北高校ボート部の可能性も!ネットではtwitterや2ちゃんで特定済か!…

  • 森聖仁さんか!愛知の豊田北高校ボート部の可能性も!田中さんはネットではtwitterや2ちゃんで特定済か! https://t.co/aHV3wBAqpw
    about 4週 ago
PAGE TOP